産業保健師の求人│安定収入を目指すなら大手企業がおすすめ!

保健師 求人 → 保健師の求人と待遇 - 産業保健師の収入について

保健師の求人と待遇 - 産業保健師の収入について

保健師は看護師の資格を持っている方が試験を受けて資格を取る事でなる事ができます。そのため、看護師よりもさらに専門性を高めた仕事とされています。収入面でもその専門性から資格手当が付く事が多く、一般的な職業よりも高くなりやすいです。
保健師転職サイトを賢く有効活用しよう

看護師と比べると夜勤手当がなくなるため、その分は減りますが、慌ただしさがなくなるという業務の負担的な面では働きやすくなるというメリットがあります。

保健師の中でも産業保健師という企業内で保健師として働く場合の年収ですが、平均で月収ベースで25~30万、年収で400~500万となっています。一番大きく影響するのは企業の規模で、やはり大手の企業に近づくほど収入も高くなります。

一部上場企業で正社員の保健師として働く場合は30代で年収500万、40歳で700万に上るというケースもあります。一部上場企業では安定面でもしっかりとしており、安心して働けるという面で人気は非常に高くなっています。

そのため、求人募集の倍率も非常に高くなるケースが多く、採用されるのは狭き門となっています。ただし、保健師の数は現状まだそこまでは多くなく、今後さらに保健師を社内に置く企業は増えていくと予想されています。

今転職を考えている方はチャンスとも言えるでしょう。ある程度の期間、転職活動の期間として見ておく必要はあるかもしれませんが、それに対して得られるリターンは大きいと言えます。

大手企業の場合、社員数も数千人単位となっており、その従業員全体の健康について、少数の保健師が管理をしていく形になり、業務的には忙しくなる部分はあります。健康状態も社員一人一人異なり、その人たちに向けて健康相談やアドバイスをしていく事になるため、対応したりマネジメントする人数も多くなります。

大手の企業で産業保健師として働く場合、収入面も大きなメリットがありますが、仕事の経験値という面でも非常に大きく得るものがあります。

救急の現場で働く看護師

医療機関の中でも救命救急センターは急を要する患者が運び込まれる緊迫感のある現場です。ここでの対応が患者の生死を分けることもあり、たいへん重要で責任のある仕事であると言えるでしょう。

看護師を志している時から将来は救命救急センターで働きたいと希望する人は多いようです。とてもハードな現場だということは承知の上で、やり甲斐を求めて志願しているのでしょう。

救急で働くには、救急救命士になるか、救急看護師になるという方法があります。両者は似ているように思われるかもしれませんが、救急救命士は主に消防署に勤務し、救急車に乗って病院に到着するまでの間に救命措置を行います。

救急の現場で働く看護師の方は、救急看護認定看護師を目指すという方法もあります。救急の現場で働いた経験が3年以上あり、かつ呼吸不全や循環不全などを5例以上経験したことがある人は、救急看護認定看護師になるための研修を受ける事が可能です。

救急で働く看護師にとって重要な仕事の一つにトリアージがあります。トリアージとは、患者の状態を見極めて、トリアージタグを選別していくことです。

具体的に言うと、すでに死亡している患者や、もう生命を維持することが不可能な状態にある患者には黒色タグを選定し、最優先で治療を要する患者には赤色タグを選定する、といった選別を行うものです。

緊急を要する現場でこうした選別を適確に行うのは心理的な負担も非常に大きいものです。トリアージの技術を持っていることはもちろんですが、精神的にこの選別に耐えられる資質を持っていることも大切です。

救急の現場で働く看護師は、非常に大きなやり甲斐を感じていることが多いです。ただ、救急を希望しても新卒ではこの仕事に就けないこともあるようです。他の診療科で経験を積んでから救急に配属されるケースが多いので、まずは実績を積み重ねることが大切です。

まだ数が多いとは言えない男性看護師も、救急の現場では向いているとして重用されることもあるようです。